ライゼボックス

  1. 土地活用>
  2. 活用事例>
  3. case.3 工場閉鎖に伴い、ライゼ事業開始

活用事例

事例紹介case.2 青空駐車場から立体的活用で収入アップ

ライゼホビーとの複合で、最大限に土地有効活用

自社工場閉鎖に伴い、跡地の有効活用をお考えだったO様。
営業していく中で、近隣住宅とのトラブルが少なく、手間も掛からない事業をお望みでした。当該お土地は、大通りから中に入っていて、テナント付けが難しいロケーションでしたが、大型マンションが通り向かいに建設中であることもあり、トランクルームでのニーズがあるのではと、弊社に調査依頼がありました。
開業後調査の結果、トランクルームの適正ルーム数は40室程度が限度でした。
土地ボリュームから考えると少なめの活用となるところでしたが、満室経営が見込めない無謀な計画は、オーナー様の為にもなりませんので弊社として提案出来ません。
そこで対面でホビーを追加配置して、最大限に土地を有効利用する計画となりました。
トランクルーム1種類だけでない、ライゼの特徴が生きた土地の有効活用案です。

住宅地にマッチする外観で、周辺の雰囲気も変わりました。

トランクルーム内部工場跡地ということで、土壌の有害物質処理が必要でしたが、場外搬出処分も弊社が責任を持って施工。その後の工事も、近隣様とのトラブルもなく順調に進みました。
コンテナと違って、ライゼホビーシリーズのシックで落ち着いた外観が、住宅地にマッチして、町並み全体が明るくなったと近隣様からも好評です。
トランクルーム内部

物件データ

基本情報

ルーム数 トランクルーム: 38ルーム
ホビールーム: 3区画
コイン駐車場: 2台
構造 鉄骨造2階建て
建築面積 150.4m2
敷地面積 262.2m2

費用概略

計画前収入 0円 (自社工場(約70坪)として使用の為)
完成後収入 761万円/年
トランクルーム:38室×@1万円/月×12ヶ月 = 456万円
ホビールーム: 3区画×@6.8万円/月×12ヶ月 = 245万円
コイン駐車場 : 2台 ×@2.5万円/月×12ヶ月 = 60万円
販売施行費 4,805万円 (外構費除く)
設計費・開業費・諸経費含む
※税抜き表示。賃料は平均値を採用し簡略化しております。

開業前と開業後

開業前

開業前
開業前外観写真


























開業後

開業後
開業後外観写真

土地の形状や広さを選ばないのがライゼボックスの特徴です。 様々なシチュエーションに対応したライゼの土地活用の事例をご覧下さい。
case.1 マンション1階部分のテナントとして
case.2 青空駐車場から、立体的活用で収入アップ
case.3 工場跡地を、複合タイプで最大限に活用。

駐車場との組み合わせ事例



コンビニなどのテナントとの組み合わせ事例



マンション1階部分のテナントとしての事例



中層建築物としての事例



ライゼホビーとの複合事例



資料請求はこちらから 土地活用についてのご相談はこちら


ライゼボックス 次世代ガレージ ライゼホビー ライゼ管理の月極駐車場 ライゼパーク