HOME>ライゼボックスの魅力>他社との違い

他社との違い

”高温・多湿な、むき出しのコンテナボックスの中に荷物を預けておく”というのが、 一般的なトランクルームのイメージでした。しかし、それでは大切な荷物を預けるには不安を覚えます。
「大切な荷物をキレイな状態で保管したい。」「でも、街で見かける輸送用コンテナに預けるのはちょっと・・・」
ライゼボックスは、そういった数々のご要望を受け止め、最新タイプのレンタル収納スペースをご用意しています。レンタル収納スペース『ライゼボックス』は、大切なお荷物をのことを考えた専用建物です。
また、ライゼボックスは「RS推奨マーク」を取得しております。

RS推奨マークとは?

レンタル収納スペース推進協議会を詳しくみる

比較してください!失敗しないレンタル収納スペース比較

ライゼボックスとコンテナトランクルームの違い

料金面・保証面
敷金・礼金・保証金 無料!
初期費用は、1~2ヶ月分の使用料と事務手数料の3000円(税込み) だけでOK!
※ライゼボックスは、長期利用の方のために保証金プランもご用意しております。
初期費用 短期・長期に関わらず保証金が必要な場合が多い。
初期費用は、4~5ヶ月分の使用料がかかったり、いろいろプラスされて、意外と高い。
管理費 0円!月々の家賃のみ!
更新料や管理費などは一切ございません。また、他社と比べて容量当たりの単価が安いです。
月額費用 管理費など諸経費が含まれている場合が多い。
広さに比べて高い場合が多い。
有事の際の、安心の保険に加入済!
火災や盗難に備える保険に加入していますので安心。
補償限度額などがありますので、詳細はお問い合わせください。
保険・補償 保険に加入していない場合が多い。
万が一の時、お客様とのトラブルになることも。
サービス面・安心面
関東・関西で530店舗、25,000ルームのネットワーク
日本一拠点数を誇り、地域に密着しているライゼボックスだからこそ、お住まいの近くで借りていただくことが可能です。
近所にある? 各会社によって強みが違う。
拠点が少ないと、近所にない場合が多い。会社によっては、駅に近い場所にあるが、お客さまの目的によって立地条件は変わります。
「スライド制度」の利用で、引越し先の近所のライゼボックスへお引越し可能
希望店舗に空きがない場合、一旦別の店舗をご利用いただき、希望店舗に空きが出た際に、移動していただけます。
引越しの際の対応 拠点数の少ない会社では対応が難しい。
引越し先の近くに拠点がなければ、他社のサービスに乗り換えるか、キャンセルする場合が多い。
「空き待ち登録制度」の利用で、空室になった時点で順番にご連絡!
ご希望店舗に空きがない場合、ご登録いただくと空きが出来次第、登録順で優先的にご連絡いたします。
満室時の対応 満室時の対応ができない場合が多い。
引越し先の近くに拠点がなければ、他社のサービスに乗り換えるか、キャンセルする場合が多い。
設備面
24時間体制で安全を確保しています。
ライゼボックスは、綜合警備保障ALSOKによる24時間機械警備の監視体制で防犯対策を実施しております。
セキュリティ 監視カメラがあっても万全ではない場合が多い。
全体的に暗く、夜に荷物の出し入れがしにくい。
阪神淡路大震災でも損傷ひとつなかった耐震性と耐久性
ライゼボックスの構造は、一般マンションの建築基準の実に1.5倍の荷重に耐える強固な鉄骨部材を採用した重量鉄骨構造。基礎は、鉄筋を縦横に配して耐力を高めた鉄筋コンクリート。造基礎で、構造の強さを足元から支えます。
大切なお荷物や防災グッズも安心してお預けいただけます。
耐震性 耐震構造になっていない建物が多い
コンテナを置いただけで、基礎が貧弱であったり、ない場合があるため、有事の際に、預けていた荷物が破損する可能性がある。
自動換気システム・調湿素材の採用で荷物にやさしい。
長時間、荷物を保管しておくのに心配なのが結露。ライゼボックスでは、外壁との間に空気層を設けて温度変化をやわらげるとともに、温度センサーと湿度センサーの組み合わせにより、気候に応じた自動制御を可能にしました。
空調・調湿 空調管理や、湿度管理が万全とは言い難い
季節の変化によって、荷物の保管状態が変わり荷物が痛む可能性がある。

※設備は店舗により異なります。