クローゼットを活用した収納術!

クローゼットを活用した収納術!

あなたのクローゼットはキレイに収納されているでしょうか? せっかくのクローゼットも、服や物を詰め込むばかりでは、ムダなスペースばかりになってしまいます。上手に整理整頓をすれば、ひと目で探しているものが分かるようになり、より多くのものを入れられるようにもなるでしょう。そこでこちらでは、知っておきたいクローゼットの収納術をご紹介します。

まずは使用頻度の低い服を処分する

クローゼットの整理整頓ができないのは、多すぎる服の量が原因のケースが多いといいます。スッキリと見栄えのいい収納をするためには、やはり空間に余裕が必要。まずは不要な衣類を処分して、ある程度の“空き”を作りましょう。
はじめに使用頻度の低い服から処分します。目安は、1年間着ていない服。1年着ていない服は、例えお気に入りだとしても、今後も着ない可能性が高いです。特に若いころに着ていた服などは、徐々に年齢と釣り合わなくなり、着る可能性も減るでしょう。
次に穴が開いている服、サイズが合わない服を処分します。これでもまだ多い場合は、ジャンルごとに分類して被っている服を処分します。人には誰しも好みがあり、ついつい同じような服を買ってしまうものです。似たような服は、何着あっても着まわさないことのほうが多いので、思い切って減らしてみるといいでしょう。

クローゼットの床を活用

収納ボックスをクローゼットの床に配置することで、スペースを有効活用できます。ハンガーにかける服やコートだけでなく、ズボンや下着もクローゼット内に収納可能です。衣装ケース、カラーボックス、ローチェストなどさまざまなボックスがありますので、お好みで揃えてみてください。
ボックスの配置に関してですが、丈の長いコートの下には低いボックスを、丈の短い服の下には高いボックスを配置します。ボックスがきちんと見えるようになっていないと、そのボックス自体を使わなくなる可能性があるからです。パジャマやルームウェアなど、毎日着るものを収納するスペースとしても使えるので、ぜひ上手に活用してみてください。

クローゼットの壁を活用

実は、クローゼットの壁面や扉の裏も収納に使えます。なかでも壁面は、アクセサリーやバッグをかけるディスプレイにピッタリ。コルクボードを壁に設置し押しピンを刺せば、簡単にネックレスやブレスレットをかけられます。ウォールポケットを使って小分けにするのもいいでしょう。ワイヤーネットを壁にかけ、S字フックを吊るせば、小さいバッグもかけられるようになります。
また自分で簡単なDIYをして、アクセサリーの収納場所を作る方法もあります。細長い板を接着剤などで横向きに壁に貼り、好きな間隔で釘を打ちましょう。必要な分だけアクセサリーの保管場所ができるので、自分なりのアレンジが可能です。

いかがでしょうか。工夫次第でクローゼットはとても簡単にスッキリできます。もし服を処分することに抵抗があったり、そもそもクローゼットが小さかったりするなら、レンタル収納スペースやトランクルームに預けるという選択肢もあります。もうひとつの部屋ができるようなイメージですので、衣替えのたびに入れ替えをするような使い方も可能です。それでは上記を参考にして、ぜひキレイなクローゼットを保ちましょう。