住んでいる賃貸物件の収納スペースが少ない場合はどう工夫する?

住んでいる賃貸物件の収納スペースが少ない場合はどう工夫する?

部屋を借りる前は気づかなかったけれど、住んでみたら思ったよりもクローゼットが小さかった、押し入れが足りなかった……。そんな経験はないでしょうか? でも少ない収納スペースでも、空間を上手に利用することで簡単に補うことができます。それでは、住んでいる賃貸物件の収納スペースが少ない場合に、すべき工夫についてご紹介しましょう。

収納力が高いベッドを使用する

あらゆる家具の中でも、特に大きなスペースを必要とするベッド。部屋を圧迫しがちな存在ですが、収納力が高いベッドを使用すると、デッドスペースを有効活用することができます。例えば、マットの下に収納できるタイプ。布団はもちろん、季節もののアイテムも入れられるのでとても便利です。
ただし、収納付きベッドは重くて大きいので、ワンルームなどの賃貸では使用しづらいケースもあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、「ロフトベッド」です。ロフトベッドとは、ベッドが高い部分にある家具のこと。ロフトベッドほどの高さのない「セミロフトベッド」もありますが、いずれもベッドの下にさまざまな家具を置くことができる便利グッズです。ベッドのスペースがそのまま空くので、狭い部屋でも広く使えるようになるでしょう。

収納グッズを利用する

収入グッズとしてカラーボックスなどの箱ものを利用するのもいいのですが、どうしても部屋が狭くなってしまいがちですよね。そこで箱もの以外のアイテムを利用して、デッドスペースを収納スペースに変えてみてはいかがでしょうか?

突っ張り棒

空いている空間に突っ張り棒を2本立てて、その上に板やワイヤーネットを乗せるだけで、立派な棚が完成します。たとえば、玄関の上に作れば、日用品を置く棚にも下駄箱にもなる便利スペースに。キッチンに作れば食器やお鍋を乗せる収納棚、トイレに作ればトイレットペーパーの保管棚、脱衣所に作ればタオル置き場など、使い方はさまざまです。自分の部屋に作って、ハンガーラックの代わりにするのもいいかもしれませんね。

吸盤付きフック

お風呂やキッチンなどの壁には、吸盤付きフックを付けます。お風呂ではスポンジを、キッチンではフライ返しやお玉などをかけられるようになります。ドアに付ければバッグ掛けになったり、吸盤付きフックを2つ並べて突っ張り棒に引っ掛ければタオルかけにもなったりもします。突っ張れる壁がないときは、ぜひ活用してみてください。

ワイヤーネット

100円ショップなどに売っているワイヤーネットは、そのまま壁にかけるだけで帽子などの吊り下げ収納になります。写真やポストカードを飾ってもいいでしょう。複数のワイヤーネットを組み合わせて結束バンドで固定することで、自由に棚を作ることも可能です。またキッチンや洗面台の下のデッドスペースに置けば、調理器具などの収納棚としても活躍することでしょう。

クローゼットや押し入れが少ない賃貸物件でも、ちょっとした工夫で収納スペースを作ることができます。上記以外にも、レンタル収納スペースやトランクルームを利用して自宅のものを減らす方法もありますので、併せて検討してみるといいかもしれません。